プラステンアップを飲んでもいい年齢は?幼児は?

プラステンアップは乳幼児に飲ませてもいいのでしょうか?女子中高生には手遅れなのでしょうか?

プラステンアップを飲んでもいい年齢は何歳から?

プラステンアップは「中高生向け成長飲料」と銘打っていることから、飲んでもいいのは中学1年になってからだと思われがちですが、本当に正しいのでしょうか?

小学生と中学・高校生とでは成長に必要となる栄養量は全く違うとまで書かれてあっては、小学生は使用厳禁といった印象さえ受けかねませんよね。

プラステンアップで想定している「小学生」というのは10歳前後のことで、小学4年生〜5年生に相当します。

中高生というと、12歳〜18歳と年齢の幅が広くなりますが、身体が大きくするに従って必要な栄養量も増えます。

厚生労働省が5年に1回更新している「日本人の食事摂取基準」によると、10歳の各種栄養素の必要量では、15〜17歳では足りなくなるのは当然ですし、各種栄養素の必要な割合も変わってきます。

プラステンアップでは、日本人の食事摂取基準において最も必要摂取量・推奨量が大きくなる12歳〜17歳を想定した配合としていることからターゲットを中高生としていますが、成長スピードには個人差が大きいことから必ずしも杓子定規に考える必要はありません。

体つきが急激に変わってくる第二次性徴期(成長期)からプラステンアップを飲み始めれば十分です。

男子の場合は早くて9歳、平均11歳6カ月頃からスタート(小学3年生〜6年生)しますし、女子の場合は更に早く、早くて7歳7カ月頃、平均10歳頃にスタート(小学1年生〜4年生)します。

プラステンアップ 中高生というのは適切な時期なんですね。

この頃から、身体が必要とする栄養素や量は急増しますので、プラステンアップで補給するのは好都合というわけです。

プラステンアップは高校生が飲んでも手遅れ?

プラステンアップは第二次性徴期にあわせるかたちで、小学校高学年あたりから飲み始めても構わないという話をしましたが、逆に高校3年生(17歳〜18歳)だと遅すぎるのではないかと心配しているかもしれませんね。

一般的には、男女ともに17〜18歳で第二次性徴期が終わりますし、早めにスタートしていると終わるのも早くなることから、プラステンアップを飲んでも手遅れと感じるのも当然でしょう。

しかし、第二次性徴期というのは、早めに始まる人もいれば、遅い人もいるという具合に個人差が非常に大きいのが特徴です。。

身長が急激に伸び始めたのが中学以降で、現在も伸びているというのであれば、たとえ高校を卒業した後からでもプラステンアップは役立ちます。

第二次性徴期が極端に遅い人の場合、24歳頃まで身長が伸び続けたというデータもありますので、試して見る価値はありますが、そうでなければ、体の成長というよりは現状維持のために栄養分が使われますので、見た目の変化は期待できないでしょう。

プラステンアップは「伸び薬」ではありませんので、すでに身長の伸びが止まった後にプラステンアップを飲んでも意味はありません。

体の筋肉の偏りを改善したり、猫背やO脚などを解消して身長を数センチ程度伸ばすのが限界でしょう。

プラステンアップを安く買える販売店はどこ?

プラステンアップを定価で購入すると、送料を含めれば1袋あたり1万円を超えてしまいます。

いくら子供の成長のためだといっても、何年間にもわたって購入を続けるのは経済的に苦しいのではないでしょうか。

そこで、1円でも安く買える販売店で購入したいと考えるのは当然のことでしょう。

amazonでは販売業者間で競争が起こっていることから、日によって価格は異なりますが、1袋あたり4,000円〜5,000円程度と定価の半額程度で購入できます。

楽天市場では9,000円弱と、ほとんど安くありませんでした。

最も安く購入できるのは、メーカー直販サイトの定期購入です。

初回1,980円と約8割引きで買えますし、2回目以降も5,480円で続けられます。

プラステンアップの定期購入では、最低購入回数は一切ありませんので、初回購入後に解約しても構いません。

解約手続きは、解約フォームから年中無休で24時間受け付けていますので、つながらない電話や、オペレーターが解約手続きをさせないように妨害したりといった具合に、手間と時間を浪費させられてイライラする心配はありません。

>>定期購入でプラステンアップを試してみる

サプリメントの成分と原材料

サプリメントを購入する為には、きちんと成分などを確認したほうが良いものです。原材料のところを見ると、栄養成分をきちんと知ることができます。天然成分のほうが身体への吸収が、サプリメントの場合は良いということです。天然成分を使っているなら、原料の所にはオリーブ、レモンといった天然の物の表示があるはずです。原材料にビタミンCやビタミンEなどと明記してある場合は合成のサプリメントという場合が多いので注意して確認してみましょう。添加物がサプリメントの成分に使われている商品多いようです。材料を作る時にまとめたりする為にサプリメントに添加物が使われているようです。まず添加物ゼロというのは、ないといって良いぐらいではないでしょうか。必要な成分よりも添加物が多いという場合も少なからずサプリメントの中にはあるようです。サプリメントのコーティング剤として、ミツロウ、シェラックなどが使われています。石油から作られているマイクロワックスやパラフィンワックスなどはなるべく避けるようにしましょう。サプリメントをきれいに見せる為に着色剤などが使用されている商品もあります。サプリメントの成分としては、まったく必要のない成分です。サプリメントの成分は商品によって随分と異なっているので、サプリメントを購入する前に少しでも知識をつけておきたいものです。

サプリメントの成分を書いた部分には、いくつか表示を義務付けられたものがあります。表示を加工食品の包装にしなければならない事柄のことで、JAS法に基づく表示というのがあるようです。その内容は、名称、原材料、内容量、賞味期限、保存法、製造業者の名称及び住所などだそうです。表示には健康増進法に基づくものがあるようです。記載しなければならないのは、食品の単位当たりのカロリー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムなどの各量と表示したい栄養成分をだそうです。分類は食品に、日本のサプリメントというのはされています。サプリメントを製造しているメーカーは詳しい栄養成分を表示するのは、義務付けられているわけではありません。では実際にはどのような方法で品質を確認すべきなのでしょうか。人気が口コミなどであれば良いので、自分でサプリメントの成分を確認する必要はないという人もいます。口コミでは納得できないという人は、良心的なメーカーを探すようにし、栄養機能食品として栄養成分を一緒に載せているようなところを見つけましょう。成分をほとんど書いていない商品も、メーカーによっては商品化されています。はっきりとは自分がどんなサプリメントを飲んでいるか理解できません。サプリメントを購入する場合には、きちんと栄養成分や一日当たりの摂取目安量に含まれる成分量などが表示してある商品を探すようにしましょう。

サプリメント情報

プラステンアップは乳幼児に飲ませてもいいのでしょうか?女子中高生には手遅れなのでしょうか?

Copyright (c) 2014 プラステンアップを飲んでもいい年齢は?幼児は? All rights reserved.