プラステンアップを飲んでもいい年齢は?幼児は?

プラステンアップは乳幼児に飲ませてもいいのでしょうか?女子中高生には手遅れなのでしょうか?

  • TOP PAGE
  • 糖尿病とサプリメント

糖尿病とサプリメント

糖尿病にはT型とU型がありますが、多くは糖尿病U型で、原因は肥満やインスリンの分泌不足です。サプリメントによる糖尿病改善は、多くの場合U型を対象にしています。サプリメントを摂取することで、血糖値を下げたり、肥満を防いだりします。全ての人に一律の効果があるわけではなく、サプリメントの作用には個人差があります。薬と異なり、効果が実感できるようになるには時間がかかるため、しばらく飲み続けることになります。どんな人にも同じたけ効果が出るといったサプリメントはありませんので、サプリメントを利用する時は効果の出方を知っておくことが大事になります。漫然と飲み続けるのではなく、自分の血液データと照らし合わせながら、糖尿病に効果があると実感できたものを選びましょう。サプリメントを使うようになったことで心構えが変わり、食事の見直しや毎日の運動にも張り合いが出て、そのために糖尿病の症状が改善したのではないかという事例もあります。血糖値を意識した食事をして、運動を習慣づけることが、糖尿病では重要です。血糖値を意識した食事にすることは、糖尿病の改善には重要ですが、そのために、栄養補助にサプリメントが必要なこともあるようです。サプリメントを利用して、栄養摂取の補強をする場合もあります。糖尿病の治療薬を処方されているという人は、サプリメントを使う場合は飲み合わせによる弊害をさける必要があります。

イチョウ葉には血糖値の上昇を抑える効果があるとされており、糖尿病サプリメントとして用いる人は少なくありません。イチョウは中国が原産地で、日本でも一般的に見られる落葉高木です。クルセチン、カテキン、ルチンなど色々な成分がイチョウ葉エキスには含まれており、健康にいい植物として知られています。ドロドロになっている血液を、イチョウ葉エキスでサラサラにして流れをよくすることが可能だといいます。ガン、脳卒中、動脈硬化など、糖尿病以外にも色々な効果がイチョウ葉エキスにはあると言われています。イチョウ葉エキスには血管を広げる作用があるため、血流がよくなる効果が得られます。もろくなった血管壁を修復したり、血管内の血栓を防止し、血液の状態を改善することで糖尿病の予防や対策の効果が得られます。イチョウ葉サプリメントは薬ではなく、栄養を補助することを目的とした食品ですから、使っていれば糖尿病が直ちに改善するというものではありません。糖尿病に対しては、イチョウ葉に含まれる成分が互いに助け合いながら効果を発揮しているため、サプリメントも使いやすいでしょう。抗凝固作用のある薬を服用している人が、イチョウ葉エキスのサプリメントを摂取すると、薬が効き過ぎてしまう可能性があります。サプリメントでイチョウ葉エキスを摂取している人は、インスリンの量に違いが生じることがあるようです。もしも糖尿病の薬を服用しているならば、サプリメント利用時には、かかりつけの医師に話を聞いてみるといいでしょう。

関連記事

サプリメント情報

プラステンアップは乳幼児に飲ませてもいいのでしょうか?女子中高生には手遅れなのでしょうか?

Copyright (c) 2014 プラステンアップを飲んでもいい年齢は?幼児は? All rights reserved.