プラステンアップを飲んでもいい年齢は?幼児は?

プラステンアップは乳幼児に飲ませてもいいのでしょうか?女子中高生には手遅れなのでしょうか?

  • TOP PAGE
  • サプリメントを飲む時間

サプリメントを飲む時間

最近は多くの人が健康や美容のためにサプリメントを利用しているようです。サプリメントを飲む時間というのは、どのようにして決めればよいのでしょうか。たくさんのサプリメントが販売されていますが、どんなタイミングで摂取したら良いかわからないという人も多いかもしれません。薬を飲む場合は、摂取量や摂取時間については、明確に決まっていることがほとんどです。薬なら、飲む時間について薬局に問い合わせることが可能ですが、サプリメントの飲む時間は、不明なこともあります。用法や、用量については、サプリメントの場合は容器などに記載されていますが、そこにも飲む時間が書かれていないことがあります。サプリメントに飲む時間が書かれていないことは、わざとしてあることだといいます。サプリメントは薬ではなく食品であるため、薬のように摂取するタイミングまでは指示がされていないのです。食品であるサプリメントが医薬品や医薬部外品などと間違われることのないようにするためだそうです。栄養補助食品として販売されているサプリメントは、薬とは根本的に違うものであるため、薬のように効能を書くことはできませんし、飲む時間を書いてはいけないなど、いくつかの制約があります。食事から不足している栄養を摂取するなら、食後に飲むといいでしょう。胃の中に何も入っていないタイミングなら、燃焼系のアミノ酸サプリメントが向いています。満腹感を得てダイエットに役立てたい場合は食前です。個々のサプリメントの働きに応じて、適した飲む時間は異なりますので、あらかじめチェックしておくといいでしょう。

サプリメントを日常的に摂取している人も多いようですが、1日のうちどの時間帯にサプリメントを摂取したら良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。サプリメントのパッケージには、薬のように具体的に飲む時間の指示はありません。体内で、摂取したサプリメントの成分がどう働くかによっては、最適な飲む時間がある程度決まっていることがあります。脂溶性ビタミンという名前がついているものはビタミンA、K、Dで、共通点は油に溶けることです。一旦摂取した脂溶性ビタミンは、体の中に留まり、すぐには体の外に出てこないという特徴を持ちます。お腹がすいている時に摂取すると、脂溶性ビタミンは吸収力が低下します。食事をとった直後や、食事の合間に飲むといいでしょう。ビタミンB群とCのサプリメントは、水溶性ビタミンです。体内には蓄積されずに数時間で排出される特徴があります。早く体外に排出されるので、飲む時間帯としておすすめなのは、1日数回に分けて食後に飲むことです。ビタミンCサプリメントを飲む時間として、風邪気味なら寝る前の摂取が効果的です。人体は、覚醒状態にある時より、睡眠状態にある時のほうが、ビタミンC吸収率がより高まります。摂取したカロリーを、活動に必要なエネルギーに変えるには、ビタミンB群が有効です。そのため、運動の30分前摂取が、飲む時間に向いています。一口にビタミン系のサプリメントといっても、どのビタミンを摂取するかによって適切なタイミングは違っていますので、必要であればメーカーに聞いてみるのもいい方法です。

関連記事

サプリメント情報

プラステンアップは乳幼児に飲ませてもいいのでしょうか?女子中高生には手遅れなのでしょうか?

Copyright (c) 2014 プラステンアップを飲んでもいい年齢は?幼児は? All rights reserved.